「観点量」を劇的に増やすことで、不確定要素の高い新規事業の成功率アップへ
無理なことを実現して「すごい人」になる


新規事業開発責任者
S.I

2011年、リクルートに新卒入社。「ポンパレ」の開発エンジニアからキャリアをスタートさせ「MARQREL」のプロデューサーを経て、「Airウォレット」「モバイル決済 for Airレジ」 のプロデューサーとして、新規事業の立ち上げプロジェクト全般に深く関わりながら、他の事業プロデューサーのサポートも行う。

Before

入社して6年、今は新規事業責任者として様々な新規事業の立ち上げや運営に関わっていますが、その原動力となっているのは「観点量」にあると考えています。
入社後、「ポンパレ」の開発エンジニアからキャリアをスタートさせたのですが、開発経験が一切なかったので半年間、ひたすらプログラミングの勉強をしていましたね。
そこから、様々な事業のプロデューサーを担当してきましたが、事業フェーズや業種も様々だったため、戦略立案だけでなく、財務管理、開発・デザイン、業務推進やマーケティング・営業など、事業運営に必要なすべての業務をほぼ網羅してきました。

その結果、カスタマーやクライアント、経営者や運営者といった立場の違いを含む多種多様な観点から事業・サービスを分析できるようになり、より良いサービスに育てていくことができる。
つまり「観点量」を劇的に増やすことによって、事業判断の即時性と正確性を高めていくことができるメリットを今、実際に業務を推進しながら実感しています。

Now

現在は新規事業開発グループのマネジャーとして、事業を推進する若手プロデューサーをサポートする役割を担っています。
新規事業を成功につなげていくためには、様々な不確定要素を考慮しながら、できる限り正確な判断を、スピード感をもって決断・推進していく必要があります。
そのために、先ほど触れた「観点量を増やす」これまでの経験によって、より正確な判断をスピーディに下せるように心がけていますし、メンバーにも「観点量」を増やしてもらえるようサポートしていきたいと考えています。
しかし、どんなにリスクを抑える努力をしても、不確定要素をゼロにすることは不可能です。

そこで最後の判断は、「どれだけ強い覚悟をもって自らの意思で下せるか?」
そこから、新規事業に取り組む本気度が問われます。
ですからこのポジションで活躍するためには、「自分がやるんだ」という気持ちの強い 方が向いているのかもしれません。

Future

以前、私の上司から「“これは無理だ”と誰もが思うようなことを実現して初めて“凄い”ことをしている。それ以外はどれだけ大変であっても“普通”である」といわれたことがあります。

それは今、自分が新規事業に挑戦していく上で、大きなテーマになっています。
新規事業の提案や最終的なGOサインを出す際、リクルートライフスタイルでは上司からかなり批判されます。
しかしそれは、相手の新規事業に対する“本気度”を試しているから。
もし“この程度の批判”に耐えられなければその先、リリースした後に世間や大多数のユーザーから比較にならないほどの批判を受けることになり、きっとその批判に耐えられないでしょう。

逆に言えば、それだけ最終的な決裁権を持つ方たちも、様々なリスクを覚悟の上で本気で向き合い、認めてくれる文化がある。それがリクルートライフスタイルの良さだと思うのです。
その中で私自身は人類がいまだ経験したことがない、これ以上ないほど不確実性の高いテーマに挑戦し、成功に導きたいと思っています。

同じ職種カテゴリーの社員