飲食店の業務支援を担う新商品「業務サポートパック」を武器に、
リクルート国内戦略の中軸を担いながら大きな飛躍を目指す


事業企画・推進(飲食領域)
T.N

2008年、大手生命保険会社に就職後、海外領域の事業管理業務を担当。2011年にリクルート(現リクルートキャリア)に転職後、人材領域の営業を経て、リクルートホールディングスのファイナンス統括室に異動し、財務戦略の策定業務に従事。2016年、リクルートライフスタイルに異動後は、飲食情報営業統括部の領域企画や商品企画組織で活躍している。

Before

前職の生命保険会社では、事業管理やファイナンス、内部統制業務を担当していましたが、いわゆる「年功序列型」の体系で、20代ですでに定年までのキャリアが概ね見えてしまう印象を抱きました。そのため、「もっと先の見えない、新しい挑戦がしたい」という思いから、そのチャンスがありそうなリクルートに転職しました。
入社後、人材領域の営業を経て、前職の経験を活かせるファイナンス領域に異動。4年の在籍期間中に、資本政策やIPO、M&Aに関連した資金調達戦略の策定など、リクルートグループ全体の経営戦略にも大きな影響を及ぼすようなテーマに携わることができたことは、私にとって貴重な経験でした。

一方、リクルートが運営する多くの事業に対峙しているうちに、「事業のフロントに立って直接運営していく経験をしたい」という思いを抱き、成長事業を多く有するリクルートライフスタイルへの異動を申し出て、2016年に実現しました。

Now

リクルートライフスタイルへ異動後は「ホットペッパーグルメ」を中核商品とする飲食領域にて、事業運営や収支管理、競合・マーケット分析などの業務を1年担当。
2017年からは商品企画グループのグループマネジャー(GM)として、エンジニアや営業の方々と協働をしながら、事業戦略の推進や人材育成・マネジメントを担っています。

飲食領域では、「ホットペッパーグルメ」という既存の基幹商品に加えて、新しいサービスや機能も続々と開発・リリースしています。
そのなかで2016年、新たにリリースされた主力商品が「業務サポートパック」。
飲食店を経営しているクライアントに対して、店舗運営に必要な多岐に渡る機能をワンストップかつ低価格でサポートする、期待の新商品です。
現在この「業務サポートパック」を将来的な1つのコア事業に育てていくための戦略を考え、各種施策を実践しているところです。

Future

リクルートグループとしては、販促領域においても2030年にはグローバルでNo.1になるという目標を掲げています。そのなかで、リクルートライフスタイルが持つ事業の多くは、国内市場においても、まだまだ成長していく可能性を持っており、今後のリクルート国内戦略の中軸を担っていくことを求められています。

そうした会社の期待に応えるためにも、飲食領域では、これまで「ホットペッパーグルメ」が築いてきた、ネット予約をはじめとする価値を引き続き多くのクライアントに対して提供していくとともに、「業務サポートパック」の価値をうまく組み合わせることによって、これまで以上のお客様に価値を提供していきたいと考えております。

クライアントが抱える「不」を的確に解消することによって、私たちの商品・サービスを使うことが飲食店にとって当たり前の環境になるよう、世の中を変えていくことが今後の目標です。

同じ職種カテゴリーの社員