社内外の資産を最大限活用し、
世の中にあたらしい「当たり前」を生み出したい。


ビジネスディベロップメント
(Airシリーズ)
T.N

2013年に大手メーカーに就職してから、主に財務経理部門にて主力事業部の予算実績管理や投資・経営判断材料の元になる財務状況の分析・報告などを担当。2015年にリクルートライフスタイルに入社後は、主に「Airシリーズ」の事業推進を中心に、営業企画や事業計画の策定、推進、SaaS型業務支援ビジネスの確立やアライアンス開拓など多岐にわたり活躍中。

Before

大手メーカーに就職したのは 、コンサルタント、いずれは大学の客員教授として”知”の深化と教育を目指していたため、大きな組織の中で「人・モノ・カネ」のすべてを見て、経験することが役に立つと思ったから。
実際、主力事業部の財務経理を担当することによって、事業経営をバックアップしていく貴重な経験ができたと思っています。
一方、事業を推進・経営していく「当事者」ではないため、自ら意思決定~事業推進していくことに対する欲求が、仕事を通じて高まっていったのも事実。
スピード感をもって新規ビジネスを立ち上げ、推進していくチャレンジができるリクルートライフスタイルへの転職を決意したのは、入社2年半近くを経てからでした。

Now

入社後は大手法人向け営業から始まり、営業推進・営業企画を担当。新規プロダクトを、クライアントへの導入を通じて共に磨きこみ拡大させていく面白さを経験しました。その後はSaaS型のセールスモデルの立ち上げメンバーとして、ゼロから仕組みづくりに参加し、社内表彰につながる成果を上げることができました。
現在は、Airレジを中心としたSaaS型業務支援ビジネスの事業計画を策定し、戦略を練り、アカウント数の拡大や利益創出のための施策を検討・推進しています。特に、社外企業との提携を通したビジネスディベロップメントが今のミッションです。
具体的には、今現在ある食品卸企業とアライアンスを組んでおり 、先方のビジネスの進化とAirレジの導入拡大をメイン担当として交渉・スキーム設計・実行伴走まで責任を持って行っています。既存のメディア事業とビジネス構造が大きく異なり、前例がなく手探りではありますが、まさに転職前に望んでいた環境でとてもやりがいがあります。

Future

当面の目標は、将来的に大きくスケールするビジネススキームを構築し、リクルートにとっても大きなチャレンジである業務支援ビジネスを確立することです。そして遠くない未来、iPhoneがヒトのライフスタイルを変えたように、Airシリーズを通じて「世の中に新しい当たり前」を生み出したい。その想いを常に持ちつつ、目の前の機会を最大限活用していきたいです。
RLS、特に新規事業であるこの部署には、自由度高く様々な視点で事業検討ができ、その意思決定スピードがとにかく早い。本人の意志さえあればたくさんの成長機会を得ることができる、非常に恵まれた環境です。
また、多様なバックグラウンドとスキルセットを持つメンバーで構成されているのも大きな特徴のひとつ。アイデアをぶつけ合うことで、個では思いつかない筋の良いものが生まれることも多々あります。
こうした環境を通じて、今後も様々なチャレンジをしていきたいと考えております。

同じ職種カテゴリーの社員