デザイナーが生き生きと働ける環境をつくる。
プラスアルファの価値を生み出すデザイン組織へ


UXデザイナー(業務支援)
S.A

美術大学を卒業後、大手印刷会社グループ傘下のWeb制作会社に就職。デザイナー・フロントエンドエンジニアとして、当時黎明期を迎えていた電子書籍のデザイン提案~実装や自社サービスの立ち上げ等に関わる。
2012年リクルートライフスタイルに入社後、UXデザイナーとして「リクルートカード」の立ち上げや「ホットペッパーグルメ」、「ショプリエ」、「Airウェイト」等に関わる。また、リクルートライフスタイルで働くデザイナーのサポートや横断的な知見共有の役割も担う。

Before

学生時代、グラフィックデザインを勉強していたこともあり、デザイナーを目指して就職活動をしていました。大手印刷会社グループのWeb制作会社に決めたのは、通常のWeb制作だけでなく「デジタルサイネージ」をはじめ、新しい分野のUI/UXデザインにも挑戦できるチャンスがあることに魅力を感じたから。
入社した当時は、ちょうど日本に電子書籍の波が押し寄せていた時代で、紙の雑誌をタブレットでどう見せるか、試作を繰り返しながら、デザイン・実装まで携われたのは楽しかったですね。2年目からは、新規事業開発の部署に異動となり、それまで経験が無かった事業企画にも携わるチャンスを得ました。実際、リリースまでこぎつけたサービスもあり、ゼロから事業を生み出すやり甲斐を味わいました。ちょうどその頃に、リクルートライフスタイル(当時は分社化前のリクルート)の人と知り合い、「そういう仕事がしたいのなら、ウチの会社に来なよ」と誘われ、入社を決意しました。

Now

入社後は、UXデザイナーとして「リクルートカード」事業の新規立ち上げや「ホットペッパーグルメ」のカスタマー画面などを担当。作って終わりの仕事ではなく、A/Bテストを高速で回し、常に事業に貢献するデザインを突き詰めていました。こうしたビジネス感覚やスピード感は、リクルートライフスタイルならではだと感じました。

現在は、「Airウェイト」をはじめとして、「Airシリーズ」の様々な業務支援サービスを担当しています。それまで関わっていた集客メディアとは違い、お店のスタッフが業務で使うシステムとなるため、業務フローや使い勝手を意識したデザインが求められます。大手チェーンの担当者と一緒に要件を詰めたり、お店の様子を観察しに行ったり、これまでに無い経験を積めています。

最近は、自身のデザイナー経験を活かして、デザイナーが働きやすい環境整備にも取り組んでいます。リクルートライフスタイルは、事業会社という性格上、これまでデザイナーを抱え込まず外注する文化でしたが、事業スピードや品質担保を考え、近年急速に内製化を進めています。現在社内では多くのデザイナーが働いていますが、体制的に未整備な部分が多いのも事実です。
そこで、デザイナー経験のある私が、現場が求めるデザイナーの人材要件を定義し、採用からアサイン後のフォローまでを行うようになりました。このほか、全社のデザイナーを対象に知見共有会を開催するなど、デザイナーが生き生きと働ける環境を目指して、様々な取り組みをしています。

Future

「Airシリーズ」を担当していて最近感じるのは、細部までこだわりを持つ人が、デザイナーだけでなく、ディレクターやエンジニアにも増えてきたということ。業務支援サービスは、機能やUIそのものでダイレクトに評価されるため、デザインは重要な要素であると開発チーム全体で認識されてきました。私の目標は、リクルートライフスタイルで生み出される全サービスのデザイン品質を最高レベルに引き上げること。それは単に論理的に整理されたデザインではなく、ユーザーに感動を呼び起こすプラスアルファの価値が無いといけません。そういう価値をともに作っていけるような組織に成長させていきたいと考えています。

同じ職種カテゴリーの社員