『じゃらん』2019年のGW 国内旅行の人気旅行先とトレンドを発表 人気旅行先ランキング 福岡が3ランクUP!
日帰り旅行は近場へのおでかけが増加。「いちご狩り」や「クルーズ」が人気!

旅行

2019年04月04日

株式会社リクルートライフスタイル

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)の旅行サービス『じゃらん』は、旅行サイト『じゃらんnet』のゴールデンウィーク(以下GW)の国内宿泊予約状況から、国内旅行の動向についてまとめました。同時に旅のトレンドも発表いたします。

『じゃらんnet』のGW予約動向

『じゃらんnet』GW期間の予約ピークは、4月28日(日)で前年比約280%

『じゃらんnet』のGW期間の国内宿泊予約状況を、人泊数をベースに見たところ、ピークは4月28日(日)で、前年同時期比約280%でした。例年、GW期間中は二つの山ができますが、今年は10連休のためGW全体に散らばっていることがグラフから見て取れます。GW期間前後の予約数も多く、連休前後に旅行を計画している方も少なくないようです。

190404_j001

 

 

190404_j002

 

人気旅行先は、福岡が3ランクアップ

人気の旅行先1位は、昨年と同じ北海道となりました。北海道の中でも特に札幌が人気です。今年のGWの旅行先として特に順位を伸ばしているのは福岡です。福岡では、ホテルの新設やリニューアルが多く、受入可能数が増加したことも要因の一つと考えられます。屋台などをはじめとする福岡のグルメは定番ですが、その他「海の中道海浜公園」のネモフィラや「九州ビアフェスティバル2019」「博多どんたく港まつり」など、大人も子どもも楽しめるこの時期ならではの絶景、イベントが多く人気になっていると考えられます。

 

『じゃらんnet』GW人気旅行先ランキング(人泊数)

190404_j003

 

近くへ数回、せっかくの宿泊なら遠くへ

『じゃらん』の調査によると、今年のGWに関しておでかけの計画に変化があったかを聞いたところ「例年は日帰りだが、今年は宿泊旅行をする」と回答した人が17.4%で2番目に多い回答となりました。今年は国内でも、日帰りでは楽しみづらいエリアへの宿泊旅行が人気の傾向です。一方で、同じ調査で1番多かった回答は「近場へのおでかけの回数を増やす」の38.5%でした。宿泊旅行をする人はせっかくならと遠くへ、行かない人は近くで数回とトレンドが2極化しそうです。

 

『じゃらんnet』のGW人気旅行先ランキング

190404_j004

190404_j005

 

 

190404_j006

 

【『じゃらんnet』GW国内宿泊予約抽出条件】
『じゃらんnet』https://www.jalan.net/
・2019年3月17日(日)時点での予約人泊実績をもとに算出
・対象期間:2019年4月25日(木)~2019年5月8日(水)
・国内旅行:国内宿泊、ANAじゃらんパック、JALじゃらんパック、インバウンド(海外、デイユース、HPDS除く)
※レジャー予約のみ(1室利用人数1名予約は除く)

【『じゃらんnet』GW「遊び体験予約」人気アクティビティランキング抽出条件】
『じゃらんnet』「遊び体験予約」https://www.jalan.net/activity/
・2019年3月17日(日)時点での予約実績をもとに算出
・対象期間:2019年4月25日(木)~2019年5月8日(水)
・人気アクティビティ:『じゃらんnet』の「遊び体験予約」の中から、アクティビティを抽出してランキング化

『じゃらん』注目のGWの旅・おでかけトレンド

今年のGWは10連休!
日帰りは近場へのおでかけが増加。「いちご狩り」や「クルーズ」が人気!
宿泊なら遠くへ旅行。疲れない・自由気ままな「ゆる旅」がトレンド傾向

10連休となる今年のGW。『じゃらん』の調査によると「例年と比べてGWのおでかけの計画に変化はありましたか?」という質問での最多の回答は、「近場へのおでかけ回数を増やす」の38.5%でした(3ページ目参照)。近場へのおでかけには、「道の駅」「アスレチック」「絶景スポット」などのスポットに加えて、GW中も楽しめる「いちご狩り」や都内でも気軽に参加できる「クルーズ」などのアクティビティも人気です。

一方、 「例年と比べてGWのおでかけの計画に変化はありましたか?」という質問で「日帰りではなく宿泊する」「旅行の日程を増やす」など旅行の期間を延ばすと回答した人は40%弱でした。GWの人気旅行先は、福岡や沖縄などがランクアップしていますし、宿泊旅行をする人はせっかくならと遠くへ旅行する人が多いと予想されます。
「どんな旅行がしたいですか?」という質問では、「旅先に到着してから何をするか考えるようなゆる旅がしたい」が703票で最も多く、「一度の旅行で何か所か巡りたい」「飛行機や新幹線ではなく、車で時間をかけて旅したい」が続きました。このGWは、目的地や旅先での予定をびっしりと立てない自由気ままな旅のニーズがあると分かりました。事前に宿だけ決めてどこに行くかは現地で考えたり、車や自転車を利用し移動そのものに時間をかけたりと、忙しい日常を忘れてゆっくりした時間を過ごすことで自分をリセットできる旅は「ゆる旅」とも言われています。たっぷり時間がとれる今年だからこそ、旅先でのんびり過ごす方が増えそうです。

01_oohashisan

『じゃらん』統括編集長 大橋 菜央

 

『じゃらん』注目のGWの旅・おでかけトレンド

 

190404_j007

 

190404_j008

 

190404_j009

 

【調査概要 】
◆調査名称:『じゃらん 』年末始の旅行に関するアンケート
◆調査期間:2019年2月27 日(水)~2月28日(木)
◆有効回答:2,011(国内旅行の予定があると回答した人)
◆インターネット調査

Get ADOBE® READER®

Download Adobe® Reader®

get AdobeReaderPDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。