『エイビーロード』2017年夏休みツアー問い合わせ概況
人気旅行先1位は「オアフ島」、2位「台北」、3位「バリ(インドネシア)」 今年は9月に祝日が少なく、渡航は8月に集中

旅行

2017年07月07日

株式会社リクルートライフスタイル

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)に設置されたエイビーロード・リサーチ・センター(センター長:沢登 次彦) は、同社が運営する海外旅行検索・比較サイト『エイビーロード』(http://www.ab-road.net/)ユーザーの海外ツアーへの問い合わせ実績を集計し、2017年夏休み期間の海外旅行マーケットを考察しましたのでご報告します。

 

【結果要約】
1.夏休みツアーの人気旅行先
人気旅行先は1位「オアフ島」、2位「台北」、3位「バリ島(インドネシア)」。
「パリ」が圏外から7位にランクイン。

2.G夏休みツアーの日数、希望する出発日・帰国日
「5日」「6日」がボリュームゾーン、平均日数は5.7日で前年と変化なし。
祝日の少ない今年はお盆に渡航が集中しそう。

 

 

1.夏休みツアーの人気旅行先

2017年夏休み期間(7月15日~9月30日のいずれかが旅行期間に含まれる旅行)の新規問い合わせ数(1月1日~6月11日までの問い合わせを集計)は、都市別では「オアフ島(ハワイ)」が1位だが、シェアは前年まで1割を超えていたものの、今年は7.9%。2位の「台北」は6.3%と、前年を2ポイント近く上回った。増便もあり台湾人気が継続している。 3位に「バリ島(インドネシア)」、4位に「セブ島(フィリピン)」が入り、ビーチエリアが上位に。「バリ島(インドネシア)」は多くのリゾートホテルが建設され、競争が激化 。手頃な価格帯のツアーも登場している。また、前年圏外だった「パリ」が7位に入った(データ1)ことにも注目だ。
エリア別ではヨーロッパが前年比102%。南北アメリカやハワイ、ビーチリゾート が苦戦している(データ2)。

 

001

※ 小数点第2位を四捨五入した数値でランキング
※ 夏休み期間の定義は、いずれの年も7月15日~9月30日のいずれかが旅行期間に含まれる旅行。すべて同じ年の1月1日~6月11日までに発生した問い合わせを集計
※「問い合わせ」:『エイビーロード』お客様のメールによる旅行会社への問い合わせと、旅行会社へのホームページへのリンク数を含めた数値

 

002

※ 前年問い合わせ実績を100%としたときの、2017年の問い合わせ実績を%で表示

 

2.夏休みツアーの日数、希望する出発日・帰国日

ツアー日数に関しては、「5日」「6日」がそれぞれ2割以上を占めておりボリュームゾーンとなっている。前年と分布はほぼ変わらなかった(データ3)。平均日数は前年と同様5.7日(データ4)。9月の祝日の少ない今年の出発希望日は、お盆の期間にシェアが高く(データ5)、月別シェアで見ても8月の割合が高い(データ6)。例年以上にお盆の期間に集中する夏休みとなりそうだ。

 

003

 

004

 

005

 

006

 

Get ADOBE® READER®

Download Adobe® Reader®

get AdobeReaderPDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。