外食市場調査2017年4月度

グルメ

2017年05月31日

株式会社リクルートライフスタイル

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)の外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」(https://www.hotpepper.jp/ggs/)は、首都圏・関西圏・東海圏の男女約1万人を対象とする2017年4月度の「外食市場調査」を実施しましたので調査結果をご報告いたします。

概況

2017年4月の外食市場規模は3,193億円(前年同月比-205億円・東名阪3圏域計)
前年比較を始めた2013年10月以来初の12カ月連続前年割れ
4カ月連続で外食実施率・頻度・単価の3指標すべてが前年比マイナス

 

【今月のポイント】
①外食市場規模は12カ月連続前年比割れ。4カ月連続して外食実施率・頻度・単価すべてが前年割れ
②主要16業態中9業態が前年割れ。「居酒屋」「和食料理店」の不振が目立つ
2017年4月の外食市場規模は、3圏域合計で3,193億円。前年同月比(以下、前年比)は-205億円と、過去1年では3番目に大きい下げ幅で、12カ月連続して前年を下回った(2012年10月調査開始、2013年10月からの前年比較開始以来初)。4カ月連続で3圏域合計の外食実施率・頻度・単価がすべて前年を下回っている。圏域別には、首都圏で12カ月連続して外食市場規模が前年比マイナス(前年比‐96億円)、関西圏(前年比-88億円)、東海圏(前年比-20億円)と併せて全圏域で前年比がマイナスであった。業態別には、主要16業態中、9業態が前年比マイナス、4業態が前年比プラスであった。前月に続き「居酒屋」 「和食料理店」など、市場規模シェアの大きな業態で下げ幅が大きかった。「居酒屋」「和食料理店」ともに、利用回数・単価の両方が前年割れ。一方、前年比がプラスの業態は「ファミリーレストラン、回転すし等」「焼肉、ステーキ、ハンバーグ等の専業店」など。

Get ADOBE® READER®

Download Adobe® Reader®

get AdobeReaderPDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。