『HOT PEPPER』が「飲みたい街ランキング2016 関東版」を発表 票数ダウンも「銀座」がV2達成 「恵比寿」が昨年9位から3位に大躍進!
銀座の票数ダウンは、インバウンドの影響か ディープな穴場に“横丁”はマスト!?「赤羽・野毛」にも注目!

グルメ

2016年04月25日

株式会社リクルートライフスタイル

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が企画編集する、街のおトク情報満載のクーポンマガジン『HOT PEPPER』『HOT PEPPER Beauty』は「飲みたい街」に関するアンケートを実施し、「飲みたい街ランキング2016 関東版」を発表しましたので概要をご報告いたします。

飲みたい街ランキング2016 関東版TOP20

HP_img1_1


V2を達成した“憧れの街”「銀座」と来年の逆転も見えてきた「新宿」

昨年に引き続き王者に輝いたのは銀座。世代別でも20代を除く全世代で1位を獲得する圧倒的強さでした。「洗練されている」「お洒落」など憧れの街として支持されているようです。しかし票数は昨年に比べて大幅にダウン(1052点→884点)。その結果、銀座に差し迫っているのが2位の新宿です。アクセスの良さに加え歌舞伎町周辺や高層ビルのある西口エリアなど様々なシーンに対応できるお店が多く集まるため、幅広い世代に人気です。


話題店のオープンも絶えない「恵比寿」が大躍進!!

3位は昨年の9位から大躍進した恵比寿。話題のアトレ恵比寿の新館にオープンした人気ハンバーガー店の2号店以外にも、“世界一の肉屋”と称されるお店のオープンなど、グルメの話題が途切れることがないエリアです。

“食のプロ”有木真理が解説 「恵比寿」大躍進と「銀座」票数ダウンの要因

HP_img2
ホットペッパー グルメ
トレンド座談会 座長 有木真理

今回のランキングのポイントは、恵比寿の躍進と銀座の票数ダウンです。 恵比寿は、新規出店も多い激戦区であり、話題店のオープンも絶えないエリア。味に自信がある個店が多く「お店にハズレが少ない」など幅広い層で票数がアップしました。 反対にV2を果たしたものの票数が大幅にダウンしたのが銀座。特に女性票の減少が目立ちます。最近ではインバウンドの賑わいもニュースに取り上げられていますが、その賑わいを避けた人の影響が、今回の票数にも表れたのではないでしょうか。その分、銀座と同様おしゃれな店が多いが、銀座よりもコスパが良い恵比寿に流れたことも考えられます。

飲みたい街ランキング 番外編

HP_img3

みなとみらいや台場の海沿いスポットが昨年同様、上位にランクインしました。「夜景が楽しめる」「雰囲気がいい」などデートの定番エリアとして定着しているようです。


HP_img4

今年も上位のエリアに共通するのは高級感や洗練されたイメージでした。「上品な大人の雰囲気」「自分では払えそうもない」「行ったことがない」など普段行きづらい街へ連れて行って欲しいようです。


HP_img5

昨年2位にランクインした新橋を押さえて上位に入ったのは赤羽と野毛。横丁文化の高まりとともに、昔から続く横丁エリアに注目が集まっているようです。 昨年のランク外から5位にランクインした北千住も同様。今年は若者が「昭和感」や「コミュニケーション」に魅力を感じ横丁に訪れる「横丁ルネサンス」という動きもあり、ますます注目が高まることが予想されます。

県民が選ぶ、飲みたい街ランキング

HP_img6

昨年2位に甘んじた新宿が、老若男女の支持を集め巻き返しを図った一方で、総合トップの銀座は、都民票がまさかの大幅減という結果に。留まるところを知らないインバウンドの流れが、銀座から他のエリアへと都民の飲みの場を移動させたことが考えられます。


HP_img7

横浜駅周辺・みなとみらい・中華街という3強が上位を独占し、4都県の中で唯一、上位に東京がランクインしないという結果に。東京飲みより“ハマ”飲み!という地元愛は今年も健在のよう。一方で、昨年4位の関内が6位に順位を落とし、代わりに横浜からのアクセスがいい、新宿・渋谷がランクイン。変化の兆しが見え隠れする横浜県民の圧倒的な地元志向、来年のランキングに注目が集まります。


HP_img8

大宮・池袋という埼玉県民の人気スポットは今年も不動という結果に。注目は、川越が昨年の9位から5位にジャンプアップ。世代問わず受け入れてくれるゆるい雰囲気を持つ人気エリアが、2強が君臨するランキングの台風の眼になるか、今後注目です。


HP_img9

昨年同様、“憧れの街”銀座が1位を獲得し、千葉県民の飲みの場は今年も東京という結果に。しかしサラリーマンの街・新橋が昨年10位からジャンプアップし、5位にランクインするなど、肩ひじ張らずに飲むスタイルへシフトチェンジの様相も見られます。

【調査概要】
調査対象   :関東の20~50代の男女2,858人(株式会社マクロミルの登録モニター)
        ※属性は昨年と同様
調査方法   :インターネット
調査期間   :2016年2月24日(水)~25日(木)
点数化について:各得点は、回答した順位(それぞれ3位まで回答)から1位3点、2位2点、3位1点として数値化

ランキングは『HOT PEPPER』『HOT PEPPER Beauty』5月号でもご確認いただけます

HP_img10

『HOT PEPPER』『HOT PEPPER Beauty』 5月号(4月22日発行)特集 「絶対可愛い春夏カラー10」
「初心者さんのためのネイルサロンQ&A」
「20代から始めたい、美肌習慣」などの記事を掲載しています。
http://magazine.hotpepper.jp/

『HOT PEPPER』
「街を元気にする、街のナンバー1メディア」をテーマに、飲食店やヘアサロン、リラクゼーション&ビューティースポット、スクール、ショッピングなど街のお得な情報満載のクーポンマガジンです。
【発行エリア】東京23区エリア:4版 新宿版/池袋版/渋谷・恵比寿版/銀座版

『HOT PEPPER Beauty』
ヘアサロン、ネイルサロン、エステティックサロン、リラクゼーションサロンなどの店舗情報とクーポン情報を中心に、季節に合わせたファッション情報など、東京のBeauty情報を発信します。
【発行エリア】全国46版:北海道/東北/東京都内 ※23区除く/首都圏/信越/北陸/東海/近畿/中国/四国/九州

Get ADOBE® READER®

Download Adobe® Reader®

get AdobeReaderPDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。