飲食店リピート実態&リピート要因調査
飲食店の利用のうち「リピート利用」が77.3%、「初回利用」が22.7% 女性より男性で同じ店を利用する傾向が強い「牛丼、カレーなど、一品もの専売業態」などでは「リピート利用」が9割超

グルメ

2019年10月02日

株式会社リクルートライフスタイル

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)の外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」(https://www.hotpepper.jp/ggs/)では、首都圏在住の20~64歳男女に、飲食店のリピート利用状況についての調査を実施しました。その結果をご報告いたします。

【解説】

1カ月に1度以上外食(食事または飲酒)を行う人を対象にした調査で、1週間の外食回数は平均3.60回(0回を除く平均値)。うち、初回利用するお店は22.7%で、再利用(リピート)が77.3%であった。男女別では男性の方が平均外食回数が多く、同じ店に通う傾向が強かった。「リピート利用」する店を決める理由は「料理がおいしい」が69.6%と最多で、「コストパフォーマンス」が48.6%で続く。業態別では「牛丼、カレーなど、一品もの専売業態」で「リピート利用」が最も多く、95.1%を占めた。

【トピックス】

1. 1週間の外食回数と飲食店の「リピート利用」率

・1週間(※)の外食回数は、1人あたり平均3.60回。外食した回数に占める「リピート利用:初回利用」の比率は、全体では77.3:22.7。
・男性では女性と比較して平均外食回数が多い上に、「リピート利用」も多く、特に40代以上の男性では「リピート利用」が80%以上を占める。
※調査日(2019年2月22日~2月26日)を起点とした直近の1週間

191002_g001

 

2. 「リピート利用」する店における重視点

・また行ってみたいと思う「リピート利用」する飲食店を選ぶときの重視点は、「料理がおいしい」(69.6%)が突出して高い。

191002_g002

※33項目からの複数回答※n=2,106

 

3. 業態別の「リピート利用」率と「目的型来店」率

・「リピート利用」率は「牛丼、カレーなど、一品もの専売業態」がトップ、「目的型来店」率(※)は「アジアン料理店」がトップ。

191002_g003

191002_g004

※週あたりののべ外食回数に占める「リピート利用」と「目的型来店」の割合が高い業態:上位5つ
※25業態からの複数回答
※目的型来店=「その飲食店の料理・メニュー、雰囲気や価格が気に入っていて、どうしてもそのお店に行きたい場合に利用した」割合

 

詳細は下記リンクよりPDFをご覧ください
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2019/10/RecruitLifestyle_ggs_20191002.pdf

Get ADOBE® READER®

Download Adobe® Reader®

get AdobeReaderPDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。